スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneでC++11を使う

なかなか面白いネタを提供出来ずにすみません。
最近は FrontierMail を libEtPan を使わずに書き直していまして、そちらに注力しています。
libEtPanは優れたライブラリですが、その分利用しないコードも多いので、これを簡略化して低レイヤ処理部分を含めて全て自分の方でメンテ出来るライブラリにしようとしております。

そこで、C++ベースで作成をしているのですが、
C++の03以前のものはご存じの通り、マルチスレッド処理を言語仕様としてサポートしておりません。
それをC++11からはサポートしています。

そんなC++11は boost ライブラリの機能からもいくつか採用しており、
特によく利用する機会の多い shared_ptr も標準でサポートしています。

要はこれをiPhoneでも利用したかったのですが、そのために boost をわざわざ組み込んで配布するのも少々手間だと考えていたところ、よく見たらiOS SDK 5.0 あたりからC++11がサポートされているのでこちらを利用することにしました。

利用手順としては単純で、以下のように
「C++ Language Dialect」と「C++ Standard Library」をC++11のものに変更するだけです。

iPhone C++11

但し、1点注意として、
C++11はDeployment Targetが 5.0 以上の場合でないと利用出来ません。
つまり、iOS 4.x以下ではC++11は利用できないのです。

ただ、秋にiOS 6も出るという状況を垣間見ると
iOS 4.xの寿命もそろそろというところなので、
積極的にiOS 5以上をターゲットにしていっても良いとは思います。

まだまだ iOS 4.x をターゲットにしていきたい!という方は、
従来通りC++03以前を利用するようにしましょう。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:Kou
モバイル関連の開発ばかりやってる人のブログです。たまにWebもやります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。