スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IntelliJ IDEAのプロファイル情報が変な場所に出力される問題 (Windows7)

最近地味に嵌ってしまったので紹介しておきます。

まれにですが、Windows7において IntelliJ IDEAのプロファイル情報が「C:\Windows\System32\config\systemprofile\.IntelliJIdea11」に作成されてしまう場合があります。
(今回の私の例だと、ParallelsをParallels8へバージョンアップし、Parallels Toolsをインストールした際に発生しました)

最初はParallelsの問題かと思いましたが
通常のWindows Updateでも起こりうる問題のようです。

具体的には以下の記事にも紹介されております。
http://pub.ne.jp/pchitorigoto/?entry_id=2540991


これの何が問題なのかと言いますと、Systemディレクトリ配下に作成されてしまうので、管理者権限でないと閲覧できないディレクトリやファイルが出来てしまうのです。そのため、Tomcatの起動時に server.xml を読み込むこと失敗して起動できないなどの事象が発生します。IntelliJ IDEAを管理者権限で実行しても読み込めないので、このままだと使い物になりません。


この事象が発生するとき、
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Shell Folders\
が作成されており、これのDesktopの値が「C:\Windows\System32\config\systemprofile\Desktop」になっているために発生しているようです。
この値を「C:\Users\(ログインユーザ)\Desktop」へ書き換えても一時的に直るのですが、レジストリエディタを再起動するとまた復元されてしまいます。

そもそも本来であれば、
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\User Shell Folders]
を読み込むのですが、

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Shell Folders]
があると、ここにある値を優先的に読み込んでしまうようです。

なので、
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Shell Folders]
を削除します。

これにより、ログインユーザのプロファイルディレクトリへIntelliJ IDEAのプロファイル情報が作成されるようになります。(既にディレクトリがある場合はその情報を読み込むようになります)
スポンサーサイト
プロフィール

Kou

Author:Kou
モバイル関連の開発ばかりやってる人のブログです。たまにWebもやります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。